大学の教育力 : 何を教え、学ぶか

金子元久 著

社会が変われば大学も変わる。大学全入時代をむかえ、いま大学の理念や組織のあり方が大きく揺らいでいる。今後も大学が未来の社会を考える場であり続けるためには、何が必要なのか。そして、学生は大学でいったい何を学ぶべきなのか。高等教育が直面する課題を、歴史的かつグローバルな文脈のなかでとらえなおし、大学が確実な「教育力」をもつための方途を考える。大学関係者、受験関係者、必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「教育力」の構造
  • 第1章 大学教育の歴史的潮流
  • 第2章 大学教育のアメリカ・モデル
  • 第3章 日本的特質
  • 第4章 大学教育の転換点
  • 第5章 職業能力・コンピテンス・教養
  • 第6章 教育力を作るもの
  • 第7章 教育力の基盤

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学の教育力 : 何を教え、学ぶか
著作者等 金子 元久
書名ヨミ ダイガク ノ キョウイクリョク : ナニ オ オシエ マナブカ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.9
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06384-7
NCID BA82983966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21306862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想