知覧からの手紙

水口文乃 著

終戦直前、挙式を間近に控えていた穴沢利夫少尉は、知覧から飛び立ち還らぬ人となった。婚約者へ宛てた手紙では、自分のことは忘れて幸せに生きよと綴りながら、最後に、ほとばしる感情を吐露していた-「智恵子会いたい、話したい、無性に」。戦後六十二年。残された婚約者が、今なお穴沢さんを想いながら語り尽くした貴重なノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出会い-図書館から戦場へ
  • 第2章 覚悟-マフラーになりたい
  • 第3章 婚約-たった一晩の子守唄
  • 第4章 特攻-あなたを辿る旅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知覧からの手紙
著作者等 水口 文乃
書名ヨミ チラン カラノ テガミ
書名別名 Chiran karano tegami
出版元 新潮社
刊行年月 2007.7
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-305071-1
NCID BA82983489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21273373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想