中世ヨーロッパにおける女と男

水田英実, 山代宏道, 中尾佳行, 地村彰之, 原野昇 著

広島大学ヨーロッパ中世研究会の、数年来の「中世ヨーロッパ文化の多元性」に関する共同研究の一環。「中世ヨーロッパにおける愛の諸相」という課題に取り組み、「女と男」に焦点をあててその成果をとりまとめ、シリーズの第7集として刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • トマス・アクィナスによる幻の『雅歌注解』-『聖書』の中の男女の愛
  • アングロ=ノルマン期イングランドにおける女と男
  • チョーサーの『善女伝』に見る女と男-女性像の曖昧性について
  • チョーサーの作品における男を支配する女たち-グリセルダとバースの女房の場合
  • フランス中世文学にみる女と男

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世ヨーロッパにおける女と男
著作者等 中尾 佳行
原野 昇
地村 彰之
山代 宏道
水田 英実
書名ヨミ チュウセイ ヨーロッパ ニ オケル オンナ ト オトコ
書名別名 Chusei yoroppa ni okeru onna to otoko
出版元 溪水社
刊行年月 2007.9
ページ数 186p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87440-984-8
NCID BA82981009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21293370
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想