イデアへの途

小池澄夫 著

深い思索、熟慮によって長年の研鑽のもとに著したギリシア哲学研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 風景(ソクラテスとソフィスト・弁論家たち
  • プラトン)
  • 第2部 測量(魂と消滅-『パイドン』の魂不死論証の周辺
  • 想起(アナムネーシス)
  • イデア・原範型の消息
  • 「分割法」考案-プラトン後期対話篇への視点
  • 脱喩化の途
  • 洞窟の世界
  • 「自然主義のドグマ」との対決)
  • 第3部 迂回("私"
  • 技術知
  • エピステーメーとテクネー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イデアへの途
著作者等 小池 澄夫
書名ヨミ イデア エノ ミチ
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2007.9
ページ数 376p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87698-728-3
NCID BA82975174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21294102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想