ニッポン天才伝 : 知られざる発明・発見の父たち

上山明博 著

「日本人はオリジナリティーに乏しい」という言葉をよく耳にする。果たして本当なのだろうか?明治以降の科学技術の歴史をひもといてみると、日本人による発明・発見が、生活のいたるところに活かされ、現代社会を支える技術として受け継がれていることがわかる。日本人にオリジナリティーがないのではなく、日本人による多くの画期的な成果を正当に評価せず、歴史に埋もれさせてきたのもまた、日本人だったのではないか。「飛行機の父」「日本のエジソン」「東洋のマルコーニ」「ミスター・トルネード」「胃カメラの父」…。世界に誇れる16人の業績とその歩みを、信頼できる資料をもとに紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 化学の父 桜井錠二-百年後の日本をめざした化学者
  • アドレナリンの父 高峰譲吉-アメリカンドリームを体現した男
  • 酸化酵素の父 吉田彦六郎-ジャパンを研究した日本人
  • ビニロンの父 桜田一郎-高分子化学のパイオニア
  • 飛行機の父 二宮忠八-ライト兄弟に先駆けた男
  • 蓄電池の父 島津源蔵-「日本のエジソン」と謳われた発明王
  • 放送の父 安藤博-「東洋のマルコーニ」と言われた天才少年発明家
  • 地震学の父 大森房吉-関東大震災に殉じた地震研究の世界的権威
  • 天気予報の父 藤原咲平-本邦初のお天気博士
  • 竜巻研究の父 藤田哲也-「ミスター・トルネード」と呼ばれた竜巻博士
  • ペースメーカーの父 田原淳-心臓が動く謎に挑んだ解剖学者
  • 胃カメラの父 杉浦睦夫-胃袋の闇に光を当てた光学技師
  • 類体論の父 高木貞治-「数論の神様」と称された現代数学の巨人
  • 特殊合金の父 増本量-現代の錬金術師
  • 量子統計力学の父 久保亮五-湯川秀樹とノーベル賞を競ったもう一人の天才
  • ゲル科学の父 田中豊一-生命の起源に挑んだ五十四年の生涯

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニッポン天才伝 : 知られざる発明・発見の父たち
著作者等 上山 明博
書名ヨミ ニッポン テンサイデン : シラレザル ハツメイ ハッケン ノ チチタチ
シリーズ名 朝日選書 829
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.9
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259929-2
NCID BA82970035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21292056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想