伝統の逆襲 : 日本の技が世界ブランドになる日

奥山清行 著

世界をきわめたデザイナーが実践する「職人技の復権」と「ブランド戦略」のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 カロッツェリアの時代-日本の「職人のポテンシャル」を生かすために(なぜ私は世界最高のデザインチームを離れたのか
  • イタリアの「ものづくり」を日本に持ち込む ほか)
  • 2章 世界の「ものづくり」の現場から-アメリカとヨーロッパでの体験から日本を見る(ゼネラルモータースからの奨学金
  • 三年連続の社内評価第一位 ほか)
  • 3章 「もの」に宿る「いのち」-「匠の技」と「日本文化」が大切にしてきたこと(イタリア式の「ものづくり」は日本が「本家」だった
  • ブルーカラーの国、日本 ほか)
  • 4章 地場産業は再生する-日本に持ち込んだイタリアの「ものづくり」の概念(イタリアの中心企業群、その強さの秘密
  • 有名無実と化した「地方の時代」 ほか)
  • 5章 「日本の技」を世界ブランドに-国際化の時代にこそ求められる伝統文化(日本文化を切り口にしたからファッション・デザイナーは海外で成功した
  • 「山形工房」がパリの見本市で賞賛された理由 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伝統の逆襲 : 日本の技が世界ブランドになる日
著作者等 奥山 清行
書名ヨミ デントウ ノ ギャクシュウ : ニホン ノ ワザ ガ セカイ ブランド ニ ナル ヒ
書名別名 Dento no gyakushu
出版元 祥伝社
刊行年月 2007.8
ページ数 213p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-396-61290-0
NCID BA82957842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21277732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想