国語論究  第13集

加藤正信, 松本宙 編

[目次]

  • 戦時下日本の語彙
  • 漢字節減(制限)論から「当用漢字表」まで
  • 仮名遣い改定初案から「現代かなづかい」制定まで
  • ローマ字論争-日本式・標準式の対立と消長
  • 昭和の読み書き能力
  • 横書きの戦中・戦後-地域・ジャンルでどうちがったか
  • 戦前・戦中時の外地(漢字文化圏)における日本語教育
  • 戦前の南洋群島における日本語教育を垣間見る-N氏へのインタビューを通して
  • 昭和前期における地方の言語生活と標準語・共通語の問題
  • ガ行鼻濁音の実態と評価の変遷
  • 「これからの敬語」の背景・理念と国民の実態
  • 昭和前期の国語研究におけるソシュール
  • トルベツコイの音韻論と有坂秀世
  • 山田孝雄の文法論とその受け入れられ方
  • 橋本進吉の文法論と学校文法への採用、影響
  • 東條操らの方言研究推進と各地の方言集作り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国語論究
著作者等 加藤 正信
松本 宙
書名ヨミ コクゴ ロンキュウ
書名別名 昭和前期日本語の問題点
巻冊次 第13集
出版元 明治書院
刊行年月 2007.9
ページ数 351p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-625-43401-3
NCID BA82933287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21292834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想