異郷の死 : 知里幸恵、そのまわり

西成彦, 崎山政毅 編

「民族の裔の娘」が遺した『アイヌ神謡集』を読む。十九歳で世を去ったアイヌ女性がなしたこと、なしえたこと、さらになしえたかもしれなかったこと。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 知里幸恵の詩/死
  • バイリンガルな白昼夢
  • みずからの声を翻訳する-『アイヌ神謡集』の声と文字
  • 知里幸恵と知里真志保のアイヌ神謡訳-オノマトペと踊る謡
  • エッセイ 越境の女性作家として
  • 知里幸恵と帝国日本言語学
  • 口承から表記へ、表記から「文学」へ-知里幸恵と知里真志保の「日本語テクスト」とその周辺
  • エッセイ 知里幸恵との、遅すぎた出会いをめぐって
  • 宮沢賢治とアイヌ文学
  • 好奇心とオリエンタリズム-北原白秋のアイヌ民族へのまなざしを考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異郷の死 : 知里幸恵、そのまわり
著作者等 崎山 政毅
西 成彦
書名ヨミ イキョウ ノ シ : チリ ユキエ ソノ マワリ
出版元 人文書院
刊行年月 2007.8
ページ数 296p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-16090-9
NCID BA82932488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21293711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想