渡辺式家族アセスメントモデルで事例を解く

渡辺裕子 著

[目次]

  • 渡辺式家族アセスメントモデルとは
  • 介護ストレスで過食を招いている糖尿病患者
  • 患者への病状説明を強く拒む家族
  • 母親への甘えが満たされず、ナースへの依存が強まった若年糖尿病患者
  • 家庭の状況から、セルフケアが困難な透析患者
  • 精神科に長期入院中で退行が著しい患者
  • 重度の障害をもつに至った夫への治療を拒絶する家族
  • 終末期の治療選択をめぐり、関係性に溝が生じた家族
  • 糖尿病性腎症で透析導入が必要となりながら、親の介護を理由に入院を拒む息子
  • せん妄を来たした高齢患者への面会を要請し、ナースとの間に溝が生じた家族
  • 子どもを喪失した家族から怒りを向けられ、職場全体にも問題が波及
  • 父親への攻撃的言動を繰り返す統合失調症患者と、疲弊する家族
  • ゴミが散乱する劣悪な環境で、父親を一人で介護する独身の長男
  • 終末期に至ったわが子をもつ両親から、攻撃的な言動に追いつめられるナース
  • 終末期の患者・家族に深くかかわりすぎ、スタッフから疑問を呈されたナース
  • 家族と介護スタッフ相互のマイナス感情を、修復できなかったナース

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渡辺式家族アセスメントモデルで事例を解く
著作者等 渡辺 裕子
書名ヨミ ワタナベシキ カゾク アセスメント モデル デ ジレイ オ トク
書名別名 Watanabeshiki kazoku asesumento moderu de jirei o toku
シリーズ名 家族ケアの技を学ぶ 3
出版元 医学書院
刊行年月 2007.9
ページ数 273p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-00555-5
NCID BA8290097X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21300355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想