人口学への招待 : 少子・高齢化はどこまで解明されたか

河野稠果 著

二〇〇五年から始まった日本の人口減少。一〇〇年後には半減と予測されている。北・西ヨーロッパに端を発し、いまや世界人口の半分を覆った少子化は、なぜ進むのか-。急激な人口減少が社会問題化するなか、急速に脚光を浴びる人口学だが、戦前の国策に与したと見られ、近年まで疎んじられてきた。本書は、人口学の入門書として、人口の基礎的な考え方、理論、研究の最前線、少子化のメカニズムなどを平易に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人口問題-急増から激減へ
  • 第1章 人口学の基礎
  • 第2章 生命表とその応用
  • 第3章 少子化をめぐる人口学
  • 第4章 人口転換-「多産多死」から「少産少死」へ
  • 第5章 生殖力と出生率-生物的・行動的「近接要因」
  • 第6章 結婚の人口学-非婚・晩婚という日本的危機
  • 第7章 出生率低下と戦後社会-五つの社会経済的理論
  • 第8章 出生率の予測-可能性と限界
  • 第9章 将来の人口推計-未来をよむ人口学
  • 終章 人口減少社会は喜ばしいか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口学への招待 : 少子・高齢化はどこまで解明されたか
著作者等 河野 稠果
書名ヨミ ジンコウガク エノ ショウタイ : ショウシ コウレイカ ワ ドコマデ カイメイサレタカ
書名別名 Jinkogaku eno shotai
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.8
ページ数 282p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101910-3
NCID BA82883305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21302516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想