スクールソーシャルワークの可能性 : 学校と福祉の協働・大阪からの発信

山野則子, 峯本耕治 編著

はじまったばかりのスクールソーシャルワーカーの活躍を描く。スクールカウンセラーや養護教諭とともに様々な問題に悩む親子に、社会的問題を含めて解決にあたる事例を紹介します。今までにない児童生徒へのアプローチに非常な関心がもたれています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 スクールソーシャルワークの可能性(子ども家庭相談体制におけるスクールソーシャルワーク
  • スクールソーシャルワークの役割
  • 日本のスクールソーシャルワークの流れ
  • 府県レベル-大阪府スクールソーシャルワーカー配置事業について
  • 市町村レベル-各市町村の工夫)
  • 第2部 スクールソーシャルワーカー学校に入る(校内での苦悩の取り組み-非行
  • 閉ざされた家庭に開かれた扉-ネグレクト
  • つながりからつながりへ-虐待
  • 学校には見えにくい-不登校
  • サインA、サインB-発達)
  • 第3部 校内のシステムづくり、連携システムづくり(校内システムができるまで-スクールソーシャルワーカーが入っていない学校での取り組み
  • 枠を越えて、小中連携会議へ発展-スクールソーシャルワーカーからの取り組み
  • 連携事例検討会によって不可能が可能になる-市教委からの取り組み)
  • 第4部 福祉機関を知る(福祉事務所と学校のかかわり
  • 児童相談所と学校のかかわり)
  • 第5部 海外のスクールソーシャルワーク(アメリカのスクールソーシャルワーク
  • カナダにおける子どもの教育機会の保障とスクールソーシャルワーク)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スクールソーシャルワークの可能性 : 学校と福祉の協働・大阪からの発信
著作者等 山野 則子
峯本 耕治
書名ヨミ スクール ソーシャル ワーク ノ カノウセイ : ガッコウ ト フクシ ノ キョウドウ オオサカ カラノ ハッシン
シリーズ名 ニューウェーブ子ども家庭福祉
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.8
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-623-04955-4
NCID BA82881183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21273383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想