アドルノ伝

シュテファン・ミュラー=ドーム [著] ; 徳永恂 監訳 ; 柴嵜雅子, 春山清純, 辰巳伸知, 長澤麻子, 宮本真也, 北岡幸代 訳

富裕なワイン商の息子として音楽家を志した幼・少年時代。カント哲学の影響下に哲学に開眼した青年時代。ヒトラー政権下でのアメリカ亡命。盟友ベンヤミンとの交友、ブロッホ、アーレント等との確執…。伝記的事実を丹念に辿りつつ批判理論の頂点=「否定弁証法」に至る精神の格闘の軌跡を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 源泉-家族と子ども時代と青春期。マイン河畔の町で過ごした勉学の年月(対照的な父母の家系
  • ジャン・フランソワ、またの名をジョバンニ・フランチェスコ-コルシカの祖父 ほか)
  • 第2部 住所の移転-フランクフルト、ウィーン、ベルリン。多様な知的関心(哲学と音楽の越境
  • 流れに抗して-フランクフルトの街と大学 ほか)
  • 第3部 亡命時代-余所者の中での知的実存(二重の亡命-伝記的運命としての知的故郷喪失
  • 民族共同体のための画一化とアドルノのためらいがちの亡命 ほか)
  • 第4部 思考は無限だが、忍耐には限界がある(「ノー」という爆破力
  • 転居。廃墟を視察する ほか)
  • エピローグ 自己自身に逆らって考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アドルノ伝
著作者等 Müller-Doohm, Stefan
北岡 幸代
宮本 真也
徳永 恂
春山 清純
柴嵜 雅子
辰巳 伸知
長澤 麻子
M¨uller‐Doom Stefan
シュテファン・ミュラー=ドーム
書名ヨミ アドルノデン
書名別名 Adorno eine Biographie

Adorunoden
出版元 作品社
刊行年月 2007.9
ページ数 811p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86182-123-3
NCID BA82856448
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21292118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想