族譜 李朝残影

梶山季之 著梶山季之 著

朝鮮で植民地官僚の家庭に生まれ、敗戦の年に内地に引き揚げた著者は朝鮮を舞台にした作品を何作も執筆している。創氏改名が朝鮮の人々をいかに蹂躙したかを描いた「族譜」。日本軍の民衆虐殺事件が作品の要となる「李朝残影」。いずれも朝鮮植民地支配と日本人の責任を問いかけ、朝鮮民衆の受難を描いた作品として極めて完成度が高い。昭和二〇年八月十五日を主題にした自伝的小説「性欲のある風景」も収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 族譜 李朝残影
著作者等 梶山 季之
書名ヨミ ゾクフ. リチョウ ザンエイ
書名別名 Zokufu. Richo zan'ei
シリーズ名 岩波現代文庫 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.8
ページ数 232p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602123-8
NCID BA82825637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21288695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想