冷蔵庫で食品を腐らす日本人 : 日本の食文化激変の50年史

魚柄仁之助 著

冷蔵庫の巨大化が、崩食を呼び寄せた!冷蔵庫の片隅で、鮮度を失う野菜や果物。冷凍庫の奥底で、食べごろを逸する肉や魚。「不要買いだめ」「食の浪費」の戦犯は、あなた自身だった!「なんでも実践」がモットーの食文化研究家が、ここに懺悔し、試行錯誤し、「日本の食のルネッサンス」を提言する。知る人ぞ知る、食文化の豆知識も伝授。あとがきでは涙まじりの実話を披露、食の喜びも教えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 巨大化する冷蔵庫-詰め込みすぎて食品をミイラ化させる現代人
  • 第2章 「しまつ」をしよう-よりよい食生活を続けるために
  • 第3章 食の下克上-高級食と大衆食が簡単に入れ替わる時代
  • 第4章 食の流通-築地市場はもういらない?
  • 第5章 食の履歴書-食にまつわる実体験を公開
  • 終章 日本の食環境は今日…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冷蔵庫で食品を腐らす日本人 : 日本の食文化激変の50年史
著作者等 魚柄 仁之助
書名ヨミ レイゾウコ デ ショクヒン オ クサラス ニホンジン : ニホン ノ ショクブンカ ゲキヘン ノ 50ネンシ
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.8
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273159-3
NCID BA8280466X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21280083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想