南北朝の動乱

森茂暁 著

日本が経験した未曾有の大転換期=南北朝時代。二つの朝廷と複雑な勢力抗争が絡んだ動乱はなぜ全国に広がり、半世紀以上に及んだのか。個性豊かな人物像とその時代に迫り、南朝が大きく顕彰された近代史にも言及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 南北朝の動乱とは何か-プロローグ
  • 1 内乱の時代の到来
  • 2 元弘・建武の争乱と南北朝の動乱
  • 3 観応の擾乱
  • 4 南北合体へのみちすじ
  • 5 国内の統一と対外関係の変貌
  • 喧噪のあとに エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南北朝の動乱
著作者等 森 茂暁
書名ヨミ ナンボクチョウ ノ ドウラン
シリーズ名 戦争の日本史 / 小和田哲男, 関幸彦, 森公章, 吉田裕 企画編集 8
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.9
ページ数 251, 7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06318-0
NCID BA82800498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21278912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想