戦艦大和 : 生還者たちの証言から

栗原俊雄 著

真珠湾攻撃の直後に竣工し「世界最大・最強」といわれた大和。だが、この巨艦はレイテ沖海戦などを経て沖縄へ向かう途中、わずか二時間余りの戦闘で撃沈された。約三〇〇〇人の乗組員の内、生還者は三〇〇人足らず。著者は生存する二三人からその凄惨きわまる体験を取材、大和の航跡と戦争の実相、生存者や遺族の願いを伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 誕生
  • 第1章 初陣
  • 第2章 海戦
  • 第3章 出撃
  • 第4章 沈没
  • 第5章 生還
  • 第6章 責任
  • 第7章 遺族
  • 第8章 戦後
  • 第9章 真相
  • 第10章 未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦艦大和 : 生還者たちの証言から
著作者等 栗原 俊雄
書名ヨミ センカン ヤマト : セイカンシャタチ ノ ショウゲン カラ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.8
ページ数 218, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431088-4
NCID BA82785430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21292359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想