労働CSR入門

吾郷眞一 著

近年、ようやくCSR(企業の社会的責任)という概念も普及してきた。しかし、労働に関するCSRについては日本国内の意識はまだまだ遅れていると著者はいう。いま、欧米系の多国籍企業を中心に企業行動要網が盛んに採用され、労働基準も含めたかたちでCSRが積極的に宣伝されはじめ、ブームとまでいわれるようになっている。一見、けっこうなことのように思われる。しかし、一皮むくとそこにはさまざまな思惑が交錯しているのだ。労働CSRの隠された本質とは、発展途上国の労働基準をアメリカの価値観に一元化し、それとは異質なものは排除しようというアメリカの外交手段(とくにアジアへの通商政策)なのだ。このまま日本の政財界が手をこまねいていると、またしても主体性がないまま欧米主導のしくみのなかで受け身の形で生きざるをえないということになってしまうのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いま、なにが起きつつあるのか
  • 第2章 社会条項論と米国の隠れた戦略
  • 第3章 国内法と国際法のはざま
  • 第4章 OECDガイドラインとILOの三者宣言
  • 第5章 企業はどう対応しているか
  • 第6章 日本発世界標準をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働CSR入門
著作者等 吾郷 真一
吾郷 眞一
書名ヨミ ロウドウ CSR ニュウモン
書名別名 Rodo CSR nyumon
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2007.8
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287906-4
NCID BA82777964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21284556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想