標本の作り方 : 自然を記録に残そう

大阪市立自然史博物館 編著

家で作ることのできる標本の作り方を紹介。博物館や大学などの研究機関で作る標本は、特殊な方法や薬品を使うことが多くありますが、この本ではできるだけ家でできる作り方を主眼において紹介します。また、標本以外の自然記録やデータを残す意義や活用の仕方、採集のマナーなども合わせて記載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 化石・岩石・鉱物の標本作り
  • 2章 植物・菌類の標本作り
  • 3章 昆虫の標本作り
  • 4章 無脊椎動物の標本作り
  • 5章 脊椎動物の標本作り
  • 6章 記録を残そう
  • 7章 標本や記録を使ってみよう
  • 8章 採集のマナー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 標本の作り方 : 自然を記録に残そう
著作者等 大阪市立自然史博物館
書名ヨミ ヒョウホン ノ ツクリカタ : シゼン オ キロク ニ ノコソウ
シリーズ名 大阪市立自然史博物館叢書 2
出版元 東海大学出版会
刊行年月 2007.7
ページ数 190p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-486-01769-1
NCID BA82773919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21311986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想