生体医工学の軌跡 : 生体材料研究先駆者像

立石哲也, 田中順三, 角田方衛 編著

[目次]

  • 第1章 医工学との出会い
  • 第2章 有機/無機界面とバイオミネラリゼーション
  • 第3章 ナノテクノロジーが拓く未来型DDS-ピンポイント診断・治療のためのナノデバイス設計
  • 第4章 細胞シート組織工学
  • 第5章 臨床に直結した研究の推進を
  • 第6章 一介の技術者として
  • 第7章 生体材料の研究開発と実用化・産業化
  • 第8章 バイオで閉塞感をブレークスルー-金属材料からバイオマテリアルへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体医工学の軌跡 : 生体材料研究先駆者像
著作者等 田中 順三
立石 哲也
筏 義人
角田 方衛
書名ヨミ セイタイ イコウガク ノ キセキ : セイタイ ザイリョウ ケンキュウ センクシャゾウ
書名別名 Seitai ikogaku no kiseki
出版元 米田 : 産業図書
刊行年月 2007.7
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-946553-31-8
NCID BA82765910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21268949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想