グローバル資本主義を考える

石見徹 著

20世紀末から情報・人・モノ・資本が容易に国境を越え、頻繁に移動するにともなって、文化や生活様式に複雑な変化が生じるようになってきた。いわゆる経済の「グローバル化」である。本書は、資本主義の本性に根ざすこの現象を、歴史的、包括的に論じる。単純な二分法で批判したり擁護したりするのではなく、グローバル資本主義に固有な問題点を是正しつつ、いかに共生するか、その可能性を明快に語る。論理と問題提起の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 グローバル資本主義
  • 第2章 グローバル化と貧困、格差
  • 第3章 国際資本移動と金融危機
  • 第4章 自由貿易は実現しているか
  • 第5章 グローバル化と地球環境
  • 第6章 残された課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル資本主義を考える
著作者等 石見 徹
書名ヨミ グローバル シホン シュギ オ カンガエル
シリーズ名 シリーズ・現代経済学 4
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.8
ページ数 228, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-04925-7
NCID BA82739160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21277728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想