母宮貞明皇后とその時代 : 三笠宮両殿下が語る思い出

工藤美代子 著

三笠宮崇仁親王、同百合子両殿下が語る真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 澄宮ご誕生から大正天皇崩御まで-「三笠宮双子説」の真偽
  • 第2章 開戦前夜、三笠宮と百合子妃の婚儀-陸士から陸大へ
  • 第3章 毅然たる貞明皇后の宮中生活-御親蚕と福祉の日々
  • 第4章 「若杉参謀」南京へ赴任す-対華新方針
  • 第5章 死なばもろとも-火炎の中の三笠宮邸
  • 第6章 孤独で寂しかった昭和天皇-緊張の終戦前夜
  • 第7章 貞明皇后の生まれ変わり-近衞〓(やす)子さんの「おばば様」
  • 第8章 戦後の混乱と貞明皇后崩御まで-勤労奉仕団への心配り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母宮貞明皇后とその時代 : 三笠宮両殿下が語る思い出
著作者等 工藤 美代子
書名ヨミ ハハミヤ テイメイ コウゴウ ト ソノ ジダイ : ミカサノミヤ リョウデンカ ガ カタル オモイデ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.7
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-003848-8
NCID BA82731420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想