町屋と町並み

伊藤毅 著

日本の伝統的な都市建築の代表は町屋である。町屋は古代から近代にかけて都市的な文脈のなかで生成・発展し、洗練されていった。接道性と沿道性によって特徴づけられる町屋は、わが国の都市の成長とつねに不可分な関係にあった。しかし一九六〇年代以降の都市の急速な現代化は町屋を都市から駆逐することによって進行したといえる。いまわれわれは町屋にかわる適切な都市建築のタイプを生まないまま、現代都市の圧倒的な駆動力に身をまかせている。本書は古代から現代までを射程にいれ、町屋の展開過程を京都・大坂・江戸に代表される巨大都市の都市史と絡めて跡づけるとともに、都市における建築のあるべき姿の一端を探ろうとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 町屋とはなにか
  • 2 町屋の形成-古代から中世へ
  • 3 京都と町屋-中世から近世へ
  • 4 大坂と町屋-中世から近世へ
  • 5 巨大都市江戸と町屋
  • 6 町屋の近代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 町屋と町並み
著作者等 伊藤 毅
書名ヨミ マチヤ ト マチナミ
書名別名 Machiya to machinami
シリーズ名 日本史リブレット 35
出版元 山川出版社
刊行年月 2007.7
ページ数 106p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54350-8
NCID BA82726919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21272603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想