ゴードン・スミスの見た明治の日本 : 日露戦争と大和魂

伊井春樹 著

「いつも日本を離れるとなると悲しい思いがする」と日記に綴り、今も神戸の地に眠るゴードン・スミス。大英博物館の標本採集員として来日、採集や狩猟の日々で遭遇した、戦勝祈願に石清水八幡宮を訪れる何千もの群衆。そこには何よりも秩序と規律を重んじて行動する日本人の姿があった。各地を訪れ数多くの昔話や伝説を収集し、絵師に挿絵を描かせたことでも知られるスミスの、明治の日本を浮き彫りにした貴重な記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 八幡宮への戦勝祈願
  • 2 戦争の勃発
  • 3 銃後の人々
  • 4 日本の兵士たち
  • 5 戦場からの便り
  • 6 バルチック艦隊
  • 7 日本兵とロシア兵の捕虜
  • 8 日本人の戦争観
  • 9 スミスの社会活動
  • 10 日露戦争後のスミス
  • スミスの日露戦争-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴードン・スミスの見た明治の日本 : 日露戦争と大和魂
著作者等 伊井 春樹
書名ヨミ ゴードン スミス ノ ミタ メイジ ノ ニホン : ニチロ センソウ ト ヤマトダマシイ
シリーズ名 角川選書 411
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2007.7
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703411-2
NCID BA82721686
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21274640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想