ヒバクシャの心の傷を追って

中澤正夫 著

「被爆者の心の傷」はきわめて重篤な、特殊なPTSDであり、それはいま生存している被爆者すべてがもっている-被爆後六一年経ったいまでもなお、その傷は癒えない。それはなぜなのだろうか。著者だからこそ聞くことのできた体験談、発表を許された貴重な証言を紹介しながら精神科医の冷徹な目をもって分析し、「被爆による心の傷」とは何なのかを客観的に示す。長年、多くの被爆者と、医者と患者として以上に付き合ってきた著者だからこそ実現できた貴重な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒロシマへの旅
  • 第2章 見ても見えない-記憶の障害から「心の傷」を探る
  • 第3章 「見捨て体験」とその記憶の再現-自責感の発生
  • 第4章 見ても感じない-広範に起きた感情麻痺の自己査定
  • 第5章 いまなお続く、引き戻らされ体験
  • 第6章 「心の被害」もあの日がスタート-さらに加わる心の傷
  • 第7章 被爆二世-体験伝達をめぐる微妙な親子関係
  • 第8章 生き残ったことの意味を求めて-被爆者たちの老い
  • 第9章 改めて心の被害とは
  • 第10章 旅のおわりは、旅のはじまり?
  • 被爆者の「心の被害研究」歴史と解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒバクシャの心の傷を追って
著作者等 中沢 正夫
書名ヨミ ヒバクシャ ノ ココロ ノ キズ オ オッテ
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.7
ページ数 181, 19p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-001941-5
NCID BA8269497X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21276979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想