交感する科学 : ビジネスを深化させる最先端コミュニケーション研究

ベルシステム24総合研究所 編

コミュニケーションを識る者こそ最高の戦略家である!!五感、アサーション、ポライトネス、アフォーダンス、インフォメーション・デザイン、嗅覚ディスプレイ、コミュニケーション格差、希望学、インディペンデント・コントラクター-気鋭の研究者たちによる書き下ろしビジネス論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • special interview 世界との新しい交わり方
  • 序 心の本質を探求して
  • 1 対話を科学する
  • 2 五感をめぐる論考
  • 3 ヒューマンリレーションの新しい姿
  • 4 メディアの近未来を占う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交感する科学 : ビジネスを深化させる最先端コミュニケーション研究
著作者等 ベルシステム24
ベルシステム24総合研究所
書名ヨミ コウカンスル カガク : ビジネス オ シンカサセル サイセンタン コミュニケーション ケンキュウ
シリーズ名 Communication science for business v.0
出版元 ベルシステム24
刊行年月 2007.7
ページ数 16, 431p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-938280-11-6
NCID BA82669575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21274466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"香り"はどうすれば記録・再生できるか 中本高道
「包括ライセンス」を導入して著作権問題を乗り越えろ 池田信夫
「心の"あわい"」に分け入るリレーションシップの深耕形 永井紀衣
「表現の科学」から考えるプレゼンテーションの品質 下嶋篤
「議論型」から「体験談型」へ、共感する"やりとり"の重要性 定延利之
「電話のイデア」へと止揚されるケータイ"進化論" 三田隆治
アサーションがつくる真に豊かな職場環境 平木典子
コミュニケーションの原動力は「理解への意志」にある 石崎雅人
コミュニケーションの能力格差は「下流化」の波に呑まれるか? 三浦展
コミュニケーションストレスをマネジメントするために 松下信武
デジタル・コンバージェンスのなかを疾走するCOMPANY2.0 田中栄
ヒューマンリレーションの新しい姿
マイクロ・エクスプレッションで相手の心理を見抜く デイビッド・マツモト
メディアの近未来を占う
ユビキタスコンピューティングが日本の未来を拓く 越塚登
五感による「多重接点」が人とモノとの幸福な関係を築く 山下柚実
五感をめぐる論考
人間の行動に可能性を与える「環境」の力とは? 佐々木正人
企業の専門職不足を補う"知の傭兵"とは? 秋山進
円滑なコミュニケーションとポライトネス理論 宇佐美まゆみ
対話を科学する
強いブランドをつくるコミュニケーション戦略の要諦 石崎徹
既存のメディアは動画CGMと共生できるか? 仲俣暁生
期待と信頼がなければ希望は生まれない 玄田有史
自律、協働、越境へ向かうメディア・リテラシーの展望 水越伸
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想