エコロジーとポストモダンの終焉

ジョージ・マイアソン 著 ; 野田三貴 訳

地球規模の気候変動から日常生活の細部にいたるまで、あらゆるレベルに環境危機の徴候を読み取るエコロジーの言説。近代が描く進歩の物語の破綻を告げるかに見える環境の危機に対してエコロジーが打ち鳴らす警鐘は、逆説的にも、科学知に基づいてすべてを地球環境問題に収斂させる「大きな物語」なのだ。新たなモダニズムの復活を論じる刺激的論考。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エコロジーとポストモダンの終焉
著作者等 Myerson, George
野田 三貴
マイアソン ジョージ
書名ヨミ エコロジー ト ポストモダン ノ シュウエン
書名別名 Ecology and the end of postmodernity

Ekoroji to posutomodan no shuen
シリーズ名 ポストモダン・ブックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.7
ページ数 122p
大きさ 18cm
ISBN 4000270869
978-4-00-027086-1
NCID BA8266765X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21277062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想