イスラムに負けた米国

宮田律 著

アメリカの「正義」と、イスラムの「大義」-。なぜ超大国アメリカは、イスラムで失敗しつづけるのか。近現代史を遡り、現地を踏査し、民衆に分け入り、その衝突の淵源を探る。浮かび上がるのは、アメリカ敗北の法則…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対テロ戦争でイスラムに敗れたアメリカ
  • 第2章 アメリカ・イスラム関係の歴史的発展
  • 第3章 アメリカと「イスラム原理主義」との遭遇
  • 第4章 冷戦後の対テロ戦争の予兆
  • 第5章 アメリカと中東民主化
  • 第6章 アメリカが強調するイランの「核兵器製造」
  • 第7章 アメリカとイスラムの永続する戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラムに負けた米国
著作者等 宮田 律
書名ヨミ イスラム ニ マケタ ベイコク
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.7
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273154-8
NCID BA8265351X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21268235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想