イノベーション普及過程論

青池愼一 著

イノベーション普及過程を捉えるための諸概念をわかりやすく提示。新しい製品、サービス、技術などが、どのように採用され、普及するのか、そのメカニズムをイノベーション採用者の役割に焦点をあて、解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イノベーション普及過程の構成要素と主要概念
  • 第2章 イノベーションの分析
  • 第3章 イノベーションの採用・不採用の意思決定
  • 第4章 イノベーション決定過程におけるコミュニケーション・チャネル
  • 第5章 イノベイティブネス概念-その定義と測定についての理論的検討
  • 第6章 イノベイティブネス概念-イノベイティブネス概念に関する経験的(実証的)研究の検討
  • 第7章 イノベーション普及過程とインターパーソナル・コミュニケーション-オピニオン・リーダーに焦点をおいて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イノベーション普及過程論
著作者等 青池 慎一
青池 愼一
書名ヨミ イノベーション フキュウ カテイロン
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2007.7
ページ数 230p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1403-5
NCID BA82628079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21358638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想