グラミンフォンという奇跡 : 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換

ニコラス・P.サリバン 著 ; 東方雅美, 渡部典子 訳

アジア・アフリカの発展途上国で、携帯電話が急速に普及している。その波は、これまで電気すら通っていなかったような地域、1日2ドル未満の所得で生活する「貧困層」の人々にまで及ぶ。携帯電話によって、経済・社会全体がダイナミックに変化しはじめた。情報通信が活発化し、農業も工業もサービス業も一気に発展。アフリカの「貧困層」の人々が、ケータイで買い物をしているのだ!だが、なぜ、そんな「貧しい」人々に、携帯電話が広まったのか?物語は、世界でも最も貧しい国の一つ、バングラデシュから始まる。戦争で荒廃した祖国の発展を夢見る起業家イクバル・カディーアは、バングラデシュでの携帯電話サービス立ち上げを考え、ただ一人、さまざまな企業や投資家に、その夢を説いて回る。彼の夢に共鳴し、協力を申し出たのは、2006年ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行の総裁、ムハマド・ユヌスだった。さらに、ノルウェーの電話会社、ジョージ・ソロスら米国の投資家、日本の総合商社・丸紅、NGO、そして現地の人々…夢は多くの人や企業を巻き込み、「グラミンフォン」が誕生する。その衝撃は、アジア・アフリカ各国に、野火のように広がっている。生活が変わり、ビジネスが生まれ、経済が興り、民主化が進む。「貧困層」として見捨てられてきた、30億人の人々が立ち上がる。世界が、大きく変わり始めた。その全貌をドラマチックに描いた、衝撃と感動の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「外燃機関」となる三つの力-経済成長の原動力とは
  • 1 グラミンフォンの物語(「つながる」ことは生産性だ-起業家カディーアの夢と祖国
  • グラミン銀行と先駆者たち-ユヌス、ピトローダ、アンテナ屋
  • 牛の代わりに携帯電話-新たなパラダイムが見えてきた
  • 投資するのか、しないのか。それが問題だ。-投資を求めて北欧へ
  • グラミンフォン、誕生-政府・官僚との闘いを超えて
  • 貧相国から世界クラスのプレーヤーへ-雄牛のように突進せよ)
  • 2 動き始めた巨大市場(BOPで広がる野火-アジア、アフリカ、三十億人が立ち上がる
  • 時代を一気に飛び越えろ-途上国で加速するMコマース
  • 援助ではなく、ビジネスチャンスを-社会に利益をもたらす「包括的資本主義」
  • 携帯電話を超えて-カディーアとBRACの新たな挑戦
  • 静かなる革命-変貌し続けるバングラデシュ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラミンフォンという奇跡 : 「つながり」から始まるグローバル経済の大転換
著作者等 Sullivan, Nicholas P
東方 雅美
渡部 典子
サリバン ニコラス・P.
書名ヨミ グラミンフォン ト ユウ キセキ : ツナガリ カラ ハジマル グローバル ケイザイ ノ ダイテンカン
書名別名 You can hear me now
出版元 英治
刊行年月 2007.7
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86276-013-5
NCID BA82621295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21265567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想