魔よけ百科 : かたちの謎を解く

岡田保造 著

「魔よけ」とは人生を脅かす「魔もの」から身を守り、それらを退散させ、さらには福を招く方法である。「魔もの」には色々な種類があり、それらに対する「魔よけ」も種類が多くなる。もっとも一般的な社寺の「お守り」のほか、呪文や呪符を描いたり彫ったりするもの、たくさんの「目」や嫌な臭いで魔ものを退散させるもの、足で一定のステップを踏み自らを守るまじないなど、藁にもすがる思いの人間は色々なものに「魔よけ」の働きを期待したのである。本書では、見開き2ページ構成で国内外の様々な魔よけをカラー写真で紹介し、その形と歴史の謎に迫っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 魔よけ
  • 五芒星
  • 目篭
  • 目・掌・蹄鉄
  • 九字
  • 魔方陣
  • ×印
  • 桔梗と大文字
  • 澤瀉・柏・梶〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔よけ百科 : かたちの謎を解く
著作者等 岡田 保造
書名ヨミ マヨケ ヒャッカ : カタチ ノ ナゾ オ トク
書名別名 Mayoke hyakka
出版元 丸善
刊行年月 2007.7
ページ数 110p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-621-07876-1
NCID BA82621149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21269945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想