キューブリック映画の音楽的世界

明石政紀 著

人間世界の矛盾、二律背反する世界を二律背反する表現で描くキューブリック映画。そのとき、音楽は何を奏で、何を語るのか。現存する劇映画全作品を「音楽の使われ方」に着目して徹底解析。かつてない視線でキューブリック映画を捉えた異色の映画論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『恐怖と欲望』(一九五三)
  • 『非情の罠』(一九五五)
  • 『現金に体を張れ』(一九五六)
  • 『突撃』(一九五七)
  • 『スパルタカス』(一九六〇)
  • 『ロリータ』(一九六二)
  • 『博士の異常な愛情、又は私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(一九六四)
  • 『二〇〇一年宇宙の旅』(一九六八)
  • 『時計じかけのオレンジ』(一九七一)
  • 『バリー・リンドン』(一九七五)
  • 『シャイニング』(一九八〇)
  • 実現しなかった企画
  • 『アイズ・ワイド・シャット』(一九九九)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キューブリック映画の音楽的世界
著作者等 明石 政紀
書名ヨミ キューブリック エイガ ノ オンガクテキ セカイ
書名別名 The musical world of Kubrick's cinema

Kyuburikku eiga no ongakuteki sekai
シリーズ名 叢書・20世紀の芸術と文学
出版元 アルファベータ
刊行年月 2007.7
ページ数 411, 26p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87198-549-9
NCID BA82610958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21273300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想