流通する「人体」 : 献体・献血・臓器提供の歴史

香西豊子 著

流通システム形成過程から炙り出される現代のヒト組織利用につらなる言説構造。解剖体や血液、臓器といった「資源」はどのように流通し供給されてきたのか。江戸末期から現在に至る「人体」流通システムを追いながら、「善意による無償提供」「自己決定」といったヒト組織利用に関する倫理的根拠が、そもそも資源調達の経済論的帰結にすぎないことを描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドネーションという事象系
  • 第1部 ドネーションの経済論-解剖台の定点観測より(ドネーションの歴史性
  • 解剖の制度化と身体
  • 戦前期における解剖体の経済論
  • 戦後の「解剖体不足」と献体運動)
  • 第2部 ドネーションの諸形態-ストック/バンク/ネットワーク(ドネーションと「人体」の形象
  • 血液のバンキング
  • 移植医療ネットワーク
  • ドネーションという統辞論)
  • 第3部 ドネーション言説の展開-「起源」の忘却のなかで(「人体」のありか
  • 記述のなかのドネーション)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流通する「人体」 : 献体・献血・臓器提供の歴史
著作者等 香西 豊子
書名ヨミ リュウツウスル ジンタイ : ケンタイ ケンケツ ゾウキ テイキョウ ノ レキシ
出版元 勁草書房
刊行年月 2007.7
ページ数 313, 28p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-10174-0
NCID BA82610506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21269458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想