命の終わり : 死と向き合う7つの視点

大町公 著

死は誰にでも色んなかたちで訪れる。自分の死、身近な人の死、突然の死、老いによる死…死が近づいてきた時死が身近な人に訪れた時あなたはどのようにして受け容れますか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『楢山節考』を考える-いつ、どこで、どのように死ぬのか
  • 2 散りぬべき時-安楽に死ぬ
  • 3 柏木哲夫-「受容の死」とは何か
  • 4 ターミナルケアを考える-死生観を求めて
  • 5 上田三四二晩年の死生観-時間は回帰する
  • 6 岸本英夫の死生観-死は「別れのとき」
  • 7 「1000の風」について-亡くなった人は今

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 命の終わり : 死と向き合う7つの視点
著作者等 大町 公
書名ヨミ イノチ ノ オワリ : シ ト ムキアウ 7ツ ノ シテン
出版元 法律文化社
刊行年月 2007.7
ページ数 176p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-589-03035-1
NCID BA82602654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21273739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想