ワインの個性

堀賢一 著

ワインは先史時代から地上に存在し、人間に喜びを与えてきたのですが、伝播先の気候や土壌により、栽培に適した葡萄品種が取捨選択され、醸造方法も地域によって多様なものとなりました。「ワインは風土を表す」といわれる所以です。21世紀にはいって、ワインの味わいに、地域性や独自性はもう必要なくなったのでしょうか。消費者や批評家が望む味であれば、どこでつくられたか、誰がつくったか見えなくてもよいのでしょうか。本書を通じて、このことを考えてみたいと思います。『ワインの自由』に続く珠玉のワインコラム集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ワイン産地
  • 第2章 葡萄栽培
  • 第3章 ワイン醸造
  • 第4章 熟成
  • 第5章 ワイン・ビジネス
  • 第6章 ワイン・ジャーナリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワインの個性
著作者等 堀 賢一
書名ヨミ ワイン ノ コセイ
書名別名 The identity of wine
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2007.2
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7973-3885-0
NCID BA82584574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21190669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想