日本の統治構造 : 官僚内閣制から議院内閣制へ

飯尾潤 著

独特の官僚内閣制のもと、政治家が大胆な指導力を発揮できず、大統領制の導入さえ主張されてきた戦後日本政治。しかし一九九〇年代以降の一連の改革は、首相に対してアメリカ大統領以上の権能を与えるなど、日本国憲法が意図した議院内閣制に変えた。本書は、議会、内閣、首相、政治家、官僚、政党など議院内閣制の基盤を通し、その歴史的・国際的比較から、日本という国家の統治システムを明らかにするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 官僚内閣制
  • 第2章 省庁代表制
  • 第3章 政府・与党二元体制
  • 第4章 政権交代なき政党政治
  • 第5章 統治機構の比較-議院内閣制と大統領制
  • 第6章 議院内閣制の確立
  • 第7章 政党政治の限界と意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の統治構造 : 官僚内閣制から議院内閣制へ
著作者等 飯尾 潤
書名ヨミ ニホン ノ トウチ コウゾウ : カンリョウ ナイカクセイ カラ ギイン ナイカクセイ エ
書名別名 Nihon no tochi kozo
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.7
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101905-9
NCID BA82570707
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想