南京事件 : 「虐殺」の構造

秦郁彦 著

満州事変以来、十数年にわたって続いた中国侵略の中で、日本軍が最も責められるべき汚点を残した南京事件とは?日本軍の戦闘詳報、陣中日誌、参戦指揮官・兵士たちの日記など、多数の資料を軸に据え、事件の実態に迫る。初版刊行以降二十年余、虐殺の有無や被害者数など、国の内外で途切れることなく続いた論争の要点とその歴史的流れをまとめる章を新たに増補。日中双方の南京戦参加部隊の一覧、詳細な参考文献、人名索引を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ジャーナリストの見聞
  • 東京裁判
  • 盧溝橋から南京まで
  • 南京陥落
  • 検証-南京で何が起きたのか
  • 三十万か四万か-数字的検討
  • 蛮行の構造
  • 南京事件論争史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南京事件 : 「虐殺」の構造
著作者等 秦 郁彦
書名ヨミ ナンキン ジケン : ギャクサツ ノ コウゾウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.7
版表示 増補版.
ページ数 370p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-190795-0
NCID BA82570489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想