この国が忘れていた正義

中嶋博行 著

犯罪者「福祉」予算2200億円!凶悪犯の人権、いじめっ子の教育権が優遇される原因は「犯罪者福祉型社会」にある。日本が正義を取り戻すために「処罰社会モデル」を提唱。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女性検事の「太腿」事件 正義はこうして実現した
  • 国家プロジェクト「快楽殺人者の更生計画」
  • 犯罪者の更生改善は幻想
  • コロンバイン高校銃撃犯は更生プログラムの優等生
  • 「治療モデル」アメリカン・ドリーム
  • 「正義モデル」
  • 死刑モラトリアム-あらたな死刑「停止」運動
  • 保守派の再反撃
  • 性犯罪者対策・去勢と監視
  • 犯罪者福祉型社会の「更生モデル」
  • 百年前の正義
  • 人権の正体
  • 正義の切り札?「民営刑務所」
  • 「更正モデル」から「賠償モデル」へ
  • 一生かけても償わせる
  • いじめは「犯罪」である
  • 犯罪者「福祉型」社会との対決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この国が忘れていた正義
著作者等 中嶋 博行
書名ヨミ コノ クニ ガ ワスレテイタ セイギ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.7
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660582-8
NCID BA82565365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21268234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想