戦争遺産探訪  日本編

竹内正浩 著

要塞、工廠、地下壕、トーチカ…先の大戦まで重要な役割を果した軍事史跡が今、次々に消えている。地図や写真、データベースを豊富に掲載し、一刻を争う戦争遺産を巡る旅へ案内する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 激動の舞台を歩く(日本のいちばん長い日を歩く
  • 館山に昭和の戦争を見にいく
  • 千葉からアジアへ-鉄道聯隊の軌跡をたどる
  • そして遺構はなくなった-軍需工場地帯を歩く
  • 一九四五 都心の接収建築探検)
  • 第2部 戦争遺産が語る陸海軍史(明治建軍期
  • 日清・日露戦争期
  • 大正軍縮期
  • 昭和戦前期
  • 戦中・占領期)
  • 第3部 戦争遺産を探偵する(かなしき要塞
  • 掩体壕の戦後
  • 無用の長物
  • 隠された戦争
  • 戦争と地図
  • 戦争遺産の歩き方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争遺産探訪
著作者等 竹内 正浩
書名ヨミ センソウ イサン タンボウ
書名別名 Senso isan tanbo
シリーズ名 文春新書
巻冊次 日本編
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.7
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660580-4
NCID BA82563552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21263610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想