ロック・フェスティバル

西田浩 著

大混乱で始まったフジ・ロック・フェスティバルから一〇年。無謀な挑戦だった巨大イベントがいかにして成長し、定着したか。対抗する都市型フェス、サマー・ソニックの魅力とは何か。ステージ、バックステージ、観客席のそれぞれのドラマを綿密なインタビューを元に再現する。出演ミュージシャンの貴重な証言も満載。主要なフェスの出演者完全リスト付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 奈良の大仏とボブ・ディラン-ロック・フェス前史
  • 第2章 混乱と泥沼のスタート-フジ・ロック・フェスティバル(上)
  • 第3章 定着と進化の道のり-フジ・ロック・フェスティバル(下)
  • 第4章 後発の強みを生かした都市型フェス-サマー・ソニック
  • 第5章 老舗の苦闘と可能性-ウドー・ミュージック・フェスティバル
  • 第6章 小さく生んで大きく育てる-クアルトとsxsw
  • 第7章 ロック・フェスが与えたもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロック・フェスティバル
著作者等 西田 浩
書名ヨミ ロック フェスティバル
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.7
ページ数 203, 19p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610222-6
NCID BA82556036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21267579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想