母の介護 : 102歳で看取るまで

坪内ミキ子 著

宝塚一期生のスターだった母。あんなにプライドが高く、かくしゃくとしていたのに、寝たきりになったとたん、「わがままな老婆」に成り果ててしまった。際限なく続く夜の拷問、減り続けるお金、家事と仕事のやりくり。すべては一人娘の著者の肩にのしかかってきた。それでも九十六歳の母は「長くない」と思っていたのだが…。先の見えないトンネルの中で過ごした六年の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 転んだ母が寝たきりに
  • 第2章 入院生活のはじまり
  • 第3章 「女王様」の肖像
  • 第4章 女優業と家庭の間で
  • 第5章 転院
  • 第6章 在宅介護の態勢を整える
  • 第7章 同潤会江戸川アパートメントハウス
  • 第8章 最後の日々

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母の介護 : 102歳で看取るまで
著作者等 坪内 ミキ子
書名ヨミ ハハ ノ カイゴ : 102サイ デ ミトル マデ
書名別名 Haha no kaigo
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.7
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610223-3
NCID BA8255577X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21267587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想