内分泌と生命現象

長濱嘉孝, 井口泰泉 共編

ホルモンによる液性調節系を取り上げ、多くのホルモンの単離、その機能と受容体の解析、さらには無脊椎動物から脊椎動物まで多種多様な内分泌調節の機構を、研究の歴史をたどりながら解説。またゲノム情報に基づく研究や病気との関連など、最新の解析法をまじえて詳解。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 温故知新:エストロゲン受容体に関連する研究の歴史
  • 1章 下垂体ホルモンの多様性
  • 2章 生殖機能の神経内分泌メカニズム
  • 3章 環境物質の内分泌現象
  • 4章 昆虫の内分泌学
  • 5章 脳ホルモンの新領域
  • 6章 恒常性(ホメオスタシス)とホルモン
  • 7章 内分泌機構の進化-ナメクジウオの内分泌学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内分泌と生命現象
著作者等 井口 泰泉
長浜 嘉孝
書名ヨミ ナイブンピ ト セイメイ ゲンショウ
シリーズ名 シリーズ21世紀の動物科学 / 日本動物学会 監修 ; 浅島誠, 小泉修, 佐藤矩行, 長濱嘉孝 編 10
出版元 培風館
刊行年月 2007.7
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-563-08290-1
NCID BA82534510
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21265714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想