読みにくい名前はなぜ増えたか

佐藤稔 著

漢字の音訓や外国語のイメージを無理に組み合わせた"読めない"名前が増えたのはなぜか。変則的な読みの名前で日本語が変化していく可能性や、漢字と人名の歴史を探り、名づけと漢字の用い方を文化の問題として考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 変わってゆく名前-プロローグ
  • 「名づけ」と「名前」(「名づけ」とは何か
  • 「名づけ」の由来)
  • 名の用語と意味(さまざまな名前
  • 名前と日本人)
  • 「名乗り字」「名乗り訓」とそれからの逸脱(「名乗り字」と「名乗り訓」とは
  • 逸脱してゆく名前)
  • 日本語と名前の行方-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読みにくい名前はなぜ増えたか
著作者等 佐藤 稔
書名ヨミ ヨミニクイ ナマエ ワ ナゼ フエタカ
書名別名 Yominikui namae wa naze fuetaka
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 236
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.8
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05636-6
NCID BA82508995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21269894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想