ユビキタスとは何か : 情報・技術・人間

坂村健 著

お弁当、薬、洋服、家、道路-身の回りのあらゆる物に小さなコンピュータを組み込み、ネットワークに接続することで、「現実」と「情報」がつながる。いま世界的に注目を集めている新しいインフラ技術は、日本発!次世代の少子高齢化社会を支える切り札、ユビキタス技術の考え方と可能性を、第一人者が分かりやすく語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-なぜ「日本でこそユビキタス」なのか
  • 第1章 ユビキタス・コンピューティングの考え方-「現実」と「情報」の架け橋
  • 第2章 「ユビキタス社会」の構想-どのような未来を描くか
  • 第3章 技術を生み出す基本発想-「オープンネス」と「標準化」
  • 第4章 世界を記述する試み-さまざまな実証実験
  • 第5章 イノベーションとしてのユビキタス-インフラ技術を生かすために
  • 第6章 日本が見るべき「夢」-ベスト・エフォート型の制度設計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユビキタスとは何か : 情報・技術・人間
著作者等 坂村 健
書名ヨミ ユビキタス トワ ナニカ : ジョウホウ ギジュツ ニンゲン
書名別名 Yubikitasu towa nanika
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.7
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431080-8
NCID BA82506537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21276461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想