相対論のABC : たった二つの原理ですべてがわかる

福島肇 著

相対論を理解するための基本原理は、たった二つ。相対性原理と、光速度不変の原理。この二つの原理の核心をつかめば、相対論は難しくない!常識の壁を打ち破ったアインシュタインと相対論の世界へようこそ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 相対性理論のまえぶれ
  • 第2章 二つの原理がすべてを決める
  • 第3章 時間の常識がくつがえる
  • 第4章 空間の収縮はなぜおこる
  • 第5章 相対性理論のインパクト
  • 第6章 核エネルギーへの道
  • 第7章 アインシュタインと現代物理、そして社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相対論のABC : たった二つの原理ですべてがわかる
著作者等 福島 肇
書名ヨミ ソウタイロン ノ ABC : タッタ フタツ ノ ゲンリ デ スベテ ガ ワカル
シリーズ名 ブルーバックス B-1561
出版元 講談社
刊行年月 2007.7
版表示 新装版.
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257561-4
NCID BA82496987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21270236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想