モスラの精神史

小野俊太郎 著

なぜ蛾の姿なのか?あの歌の意味はなにか?ゴジラとどこが違うのか?多くの謎が、いま解き明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-モスラの飛んだ日
  • 三人の原作者たち
  • モスラはなぜ蛾なのか
  • 主人公はいったい誰か
  • インファント島と南方幻想
  • モスラ神話と安保条約
  • 見世物にされた小美人と悪徳興行師
  • 『モスラ』とインドネシア
  • 小河内ダムから出現したわけ
  • 国会議事堂か、東京タワーか
  • 同盟国を襲うモスラ
  • 平和主義と大阪万博
  • 後継者としての王蟲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モスラの精神史
著作者等 小野 俊太郎
書名ヨミ モスラ ノ セイシンシ
書名別名 Mosura no seishinshi
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2007.7
ページ数 283p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287901-9
NCID BA8249607X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21269294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想