日中戦争 : 殲滅戦から消耗戦へ

小林英夫 著

戦地の将兵も嘆いた泥沼の戦いに日本が踏み込んだ本当の理由とは-敗北の歴史から学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 殲滅戦争と消耗戦争
  • 第1章 開戦への歩み
  • 第2章 破綻した戦略
  • 第3章 傀儡の国
  • 第4章 見果てぬ夢
  • 第5章 二つのパワー
  • 第6章 『検閲月報』を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中戦争 : 殲滅戦から消耗戦へ
著作者等 小林 英夫
書名ヨミ ニッチュウ センソウ : センメツセン カラ ショウモウセン エ
書名別名 Nicchu senso
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2007.7
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287900-2
NCID BA82495838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21269292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想