知についての三つの対話

ポール・K.ファイヤアーベント 著 ; 村上陽一郎 訳

プラトンは観念と生活との間の深淵は対話で架橋できると考えた。対話は一般的かつ専門技術的双方の意味で哲学的であり、われわれがしっかりした基盤と信じてきたものの虚構的な性格を論証してしまうからだ。批判的合理主義的立場に対し、「anything goes」(何でもあり!)と相対的な立場をとる著者が贈る対話という知的営み。思考の盲点や偏見に陥ることなく客観的・経験的な妥当性から導き出される知への道を示し、犀利な分析と明晰な洞察による、研ぎ澄まされた批判を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1の対話(1990年) 知とは何か-プラトン『テアイテトス』を題材に
  • 第2の対話(1976年) 科学とは何か-占星術、伝統医療をめぐって
  • 第3の対話(1989年) 知恵とは何か-物語としての知

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知についての三つの対話
著作者等 Feyerabend, Paul
村上 陽一郎
ファイヤアーベント ポール・K.
書名ヨミ チ ニ ツイテ ノ ミッツ ノ タイワ
書名別名 Dialoghi sulla conoscenza

知とは何か

Dialogo sul metodo
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.7
ページ数 330, 7p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09082-9
NCID BA82487432
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21277417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想