地域金融論 : リレバン恒久化と中小・地域金融機関の在り方

多胡秀人 著

金融審WGメンバーが説く「金融庁監督指針に盛り込まれたリレバン/地域密着型金融への恒久的な取組み」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プロローグ
  • 第2章 リレーションシップバンキング/地域密着型金融、四年間の総括
  • 第3章 リレーションシップバンキングの再定義
  • 第4章 目指すべきは「定価販売」
  • 第5章 地域の情報集積を活用した持続可能なビジネスモデルに向けて
  • 第6章 恒久的リレーションシップバンキングの前に立ちはだかるもの
  • 第7章 中小・地域金融機関の将来像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域金融論 : リレバン恒久化と中小・地域金融機関の在り方
著作者等 多胡 秀人
書名ヨミ チイキ キンユウ ロン : リレバン コウキュウカ ト チュウショウ チイキ キンユウ キカン ノ アリカタ
出版元 金融財政事情研究会 : きんざい
刊行年月 2007.7
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-322-11125-5
NCID BA82471614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21263669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想