解放のソーシャルワーク

横田恵子 編

日本のソーシャルワーク実践・教育が抱える根幹的問題を多元的かつラディカルに論じ、市民社会から認知される援助理論・実践に向けて示唆や提言を行う。日本とオーストラリアのクリティカル・ソーシャルワーク研究者による画期的な国際的共同研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソーシャルワーク実践における援助技術教育-普遍的モデルの多元的再検討
  • 第2章 解放のソーシャルワーク
  • 第3章 オーストラリアのソーシャルワーク専門教育-クリティカル・ソーシャルワーク理論の構築
  • 第4章 Critical Social Work Theory Meets Evidence‐Based Practice in Australia
  • 第5章 クリティカル・ソーシャルワーク試論-細部に変革のちからが宿るという視点から
  • 第6章 クリティカル・ソーシャルワーク実践論-ミクロレベルに宿る変革のちからの生成モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解放のソーシャルワーク
著作者等 Pease, Bob
加茂 陽
大下 由美
木原 活信
横田 恵子
舟木 紳介
書名ヨミ カイホウ ノ ソーシャル ワーク
書名別名 Kaiho no sosharu waku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.7
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1270-1
NCID BA82468653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21280073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想