スポーツルールの論理

守能信次 著

本書は、スポーツのルールが存在する意味と理由について、それがどういう働きをするものか「ルール機能論」、またそれがどういう要素のものから成っているのか「ルール構造論」、そして、そういうルールに支えられているスポーツとはどういう性格の人間活動であるのか「現代スポーツ論」を、社会科学的な論理の中で明らかにすることを試みています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 じゃんけんからルールを考える(じゃんけんルールに見る「形式」の問題
  • 違反のできないルール
  • じゃんけんに見る犯罪
  • 文章化のむずかしいルール
  • じゃんけんにはなぜ変種があるのか?)
  • 第1章 スポーツルールの機能(法的安定性の確保
  • 正義の実現
  • 「面白さ」の保障)
  • 第2章 スポーツルールの構造(私法的ルールの不在性
  • スポーツルールを形づくるもの)
  • 第3章 スポーツルールに見る「形式」の問題(形式を強要するルール
  • 形式の定義をするルール)
  • 第4章 社会のなかのスポーツとルール(遊びとしてのスポーツ
  • スポーツにおける遵法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツルールの論理
著作者等 守能 信次
書名ヨミ スポーツ ルール ノ ロンリ
出版元 大修館書店
刊行年月 2007.7
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-469-26638-2
NCID BA82467719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21263671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想